米白さん米白さん

こんにちは!米白です♪

今回は、ライスフォースの美容液の凄い成分についてしらべました。

潤いを徹底的に補給!!

ライスフォースの薬用保湿美容液(ディープモイスチュアエッセンス)には、どのような成分が配合されているのでしょうか?

紹介していきましょう!

Contents

ライスフォース 美容液の成分①ライスパワーNo.11とは?

ライスフォース 美容液の成分①ライスパワーNo.11とは?

ライスフォースの化粧水も、クリームもそして美容液にも主成分は、「ライスパワーNO.11」です。

お米に着目し、発酵技術を駆使して生まれた有効成分ライスパワーRNo.11の役割とは・・・

このエキスが肌の角層にあるセラミドをつくり、皮膚のバリア機能が高まることで、水分保持能の改善をすることができるのです。

肌自身の持つ水分を保つ力の改善をすると言われています。

米白さん米白さん

ライスパワーRNo.11は、美容液として一番求められている潤いを高めてくれる主成分なんですね!
素晴らしい♪

ライスフォース 美容液の成分②シクロペンタシロキサンとは?

:ライスフォース 美容液の成分の成分②シクロペンタシロキサンとは?

シクロペンタシロキサンとは・・・

ヘアコンディショニング剤によく使われている成分で、極めて安全性の高いシリコーンオイルです。

シリコーンオイルとは、無色透明の液体で、耐熱性、耐寒性、耐水性に優れています。

また低温から高温まで広い温度範囲でも粘度変化が少ないオイルです。

化粧品に使われる要素としては、毒性が低く皮膚に対する刺激が少ない。

皮膚呼吸を損なわない。

ベタつきの無い、滑らかな滑りを与える。

表面張力が低いため、薄く均一な被膜を形成し使用感がよいなどの特徴からです。

米白さん米白さん

シクロペンタシロキサンとは、シリコーンオイルのことだったのですね!
極めて毒性が低い安全な成分です!

ライスフォース 美容液の成分③ジメチコンとは?

ライスフォース 美容液の成分の成分③ジメチコンとは?

ジメチコンとは・・・

ライスフォースのクリーム(ディープモイスチュアクリーム)にも含まれています。

こちらも代表的なシリコーンオイルです。

極めて安全性の高いオイルなので、敏感肌化粧品やエイジングケア化粧品にも多く配合されています。

米白さん米白さん

しっとりさせるためのジメチコン!
安全性が高いので敏感肌の方も安心ですね!

ライスフォース 美容液の成分④濃グリセリンとは?

ライスフォース 美容液の成分の成分④濃グリセリンとは?

農グリセリンとは・・・

こちらも、ライスフォースのクリーム(ディープモイスチュアクリーム)・化粧水(ディープモイスチャーローション)にも含まれています。

保湿性、粘滑性の力を発揮するので、皮膚や粘膜の保護、軟化の目的で軟膏(なんこう)、クリーム、化粧水など塗布剤の原料として繁用されています。

化粧品以外では、医薬品、食品、歯みがきなどにも含まれています。

米白さん米白さん

農グリセリンは、保湿力の役割があるのですね!

医薬品や食品に使われている安心な成分です。

ライスフォース 美容液の成分⑤エタノールとは?

ライスフォース 美容液の成分の成分⑤エタノールとは?

エタノールとは・・・

無色の液体で、アルコールの一種です。

別名は、エチルアルコール で、お酒が主成分となり、酒精とも呼ばれています。

一般的には、消毒用エタノールを思い浮かべますね。

無水エタノールは精製水に混ぜて住宅用洗剤に使われています。

電気を通さないので、パソコンのキーボード、アイコス(電子タバコ)、電子レンジの細かな掃除にも活躍します。

また、手作り化粧品や消臭スプレーなどを作るときにも必要なアルコールで重宝されています。

米白さん米白さん

エチルアルコールと聞くと消毒用しか思い浮かびませんでした。

化粧品の消毒にも一役かっているのですね!

ライスフォース 美容液の成分⑥BGとは?

ライスフォース 美容液の成分の成分⑥BGとは?

BGとは・・・

こちらも、ライスフォースのクリーム(ディープモイスチュアクリーム)・化粧水(ディープモイスチャーローション)にも含まれています。

保湿剤と防腐の役割を果たします。

植物からエキス成分を取り出すときの抽出溶媒としての働きもあります。

植物をBGと水を混ぜたBG水溶液に漬け込むと、植物からエキスが染み出します。

米白さん米白さん

BGは、化粧品の成分でよくみかけます。
保湿と防腐に力をいれている成分ですね!

ライスフォース 美容液の成分⑦DPGとは?

ライスフォース 美容液の成分の成分⑦DPGとは?

DPG(ジプロピレングリコール)とは・・・

化粧水(ディープモイスチャーローション)にも含まれています。

BGと同じ分類のアルコールです。

バリア機能保護によって、肌からの過剰な水分蒸散量を抑える役目があります。

保水力が穏やかで、サラッとした感触です。

BGと同様に防腐力を高める働きがあります。

DPGはPGより皮膚刺激が低いので、低刺激タイプの化粧品に使われることも多い成分です。

米白さん米白さん

DPGとは、BGと同じような働きをするのですね。
肌を守るバリア機能と皮膚刺激が低いことは、頼もしいです♪

ライスフォース 美容液の成分⑧POE・ジメチコン共重合体とは?

ライスフォース 美容液の成分の成分⑧POE・ジメチコン共重合体とは?

POE・ジメチコン共重合体とは・・・

ポリオキシエチレン(POE)・メチルポリシロキサン共重合体の表示名称を略しています。

薬用化粧品などに含まれています。

乳液やクリームをべたつきのない、さっぱりとした感触に仕上げる感触改良目的で配合される成分です。

米白さん米白さん

なるほど、べたつきは気持ち良さが半滅してしまいますからねぇ。

トロンとしっとりしていてさっぱりの凄い成分です!

ライスフォース 美容液の成分⑨オクタン酸セチルとは?

ライスフォース 美容液の成分の成分⑨オクタン酸セチルとは?

オクタン酸セチルとは・・・

エチルヘキサン酸セチル(改正名称)で、油剤としての役割を果たしています。

ライスフォースのクリーム(ディープモイスチュアクリーム)にも含まれています。

油ぎらないさらりとした感触で、伸びが良いため感触改善のために様々なオイル成分と組み合わせて配合できます。

皮膚に対する毒性や刺激はほとんどなく、副作用やアレルギーの報告もないため安全性の高い成分と考えられています。

化粧品の中では、ベース成分と保湿成分のカテゴリに入っています。

米白さん米白さん

ギラギラの脂ぎった肌は、別な意味でちょっと敬遠ですね(汗

そいういった不快感をなくして気持のよいテクスチャーを作ってくれる成分なんですね!

ライスフォース 美容液の成分⑩植物性スクワランとは?

ライスフォース 美容液の成分の成分⑩植物性スクワランとは?

植物性スクワランとは・・・

ライスフォースのクリーム(ディープモイスチュアクリーム)・化粧水(ディープモイスチャーローション)にも含まれています。

べたつかないのが特徴の液状オイルで、オリーブ果実油やコメヌカ油など植物油から得られるエモリエント作用があります。

エモリエント作用とは、皮膚に対する浸透性がよく、ベタつきのないサラッとした感触で、水分保持能です。

水分保持能とは、角質層内に水分を保つ能力そのもののことです。

ちなみに水分量とは、角質層に水分がどれだけあるかの値(一時的なもの)のことを言います。

スキンケア化粧品、メイクアップ化粧品などに用いられる保湿力のある成分で、乾燥による肌荒れに効果を発揮します!!

米白さん米白さん

エモリエント作用!水分保持能!!

植物スクワランの保湿力が凄いですね!

ライスフォース 美容液の成分⑪POPメチルグルコシドとは?

ライスフォース 美容液の成分の成分⑪POPメチルグルコシドとは?

POPメチルグルコシドとは・・・

POPとは、ポリオキシプロピレンです。

植物から得られる誘導体とのことです。

メチルグルコシドは、増粘剤で、他の増粘剤との相乗効果を示します、

役割としては、肌の角層水分量を高め、肌に対して低刺激です。

米白さん米白さん

難しい物質のように感じますが・・・

肌の角層水分を高めてくれる安全な成分なんですね”

ライスフォース 美容液の成分⑫ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシドとは?

ライスフォース 美容液の成分の成分⑫ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシドとは?

ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシドとは・・・

あまりにも長い名前で、一度では言えないのですが・・・合成界面活性剤、乳化の効果があるとのことです。

「水」と「油」のように、本来は混ざり合わない物を混ぜ合わせるために使うものです。

自然界の界面活性剤では洗浄力が足りないため、進化した【合成界面活性剤】を使用するようになりました。

米白さん米白さん

素敵な美容液を作るには、いろいろな物質が必要なんですね!

ライスフォース 美容液の成分⑬セスキステアリン酸メチルグルコシドとは?

:ライスフォース 美容液の成分の成分⑬セスキステアリン酸メチルグルコシドとは?

セスキステアリン酸メチルグルコシドとは・・・

「セスキ」とは3対2と言う意味で、「ステアリン酸メチル」はステアリン酸のメチルエステルの意味。

グルコシドは、グルコースに由来している、ブドウ糖になります。

ステアリン酸が3、グルコースが2の割合で結合したメチルエステルです。

植物性脂肪酸に含まれる天然脂肪酸エステルで、乳化剤の働きがあります。

ところで乳化剤とは、よく出てきますが。。。

乳化剤と界面活性剤は同じものです

乳化とは水と油のように本来は混じり合わないものが、混じり合う現象のことです。

私たちの体をおおっている皮脂膜も皮脂と汗が乳化したものです。

皮脂膜が乳化作用でクリーム状となり肌を守ることができるのは、皮脂に含まれているラノリン、コレステロール、リン脂質などの乳化成分のおかげなのです。

化粧品は、皮脂膜を補うことで肌を守っているということです。

 

米白さん米白さん

なるほど!

乳化剤とか危険と聞いたりしますが、服用するわけではない、肌を守るために必要な物質なんですね!

ライスフォース 美容液の成分⑭グリセリンモノステアリルエーテルとは?

ライスフォース 美容液の成分の成分⑭グリセリンモノステアリルエーテルとは?

グリセリンモノステアリルエーテルとは・・・

乳化剤として使われる界面活性剤です。

モノステアリン酸グリセリンが主に乳化剤として古くから利用されています。

また、食品添加物(甘味)として使われるものもあります。

グリセリン⇒保湿成分と覚えておくとわかりやすいですね。

医薬品や化粧品には、保湿剤・潤滑剤として用いられています。

肌に対して低刺激です。

米白さん米白さん

グリセリンモノステアリルエーテルは、乳化剤の一つなんですね。

そして潤いを保つ成分です!

 

ライスフォース 美容液の成分⑮POE(7)ラウリルエーテルとは?

POE(7)ラウリルエーテルとは・・・

POEとは、ポリオキシエチレンで、数値は10以下が低刺激性となっています。

安全性に問題のない成分です。

ヤシ油アルコールの蒸留によって得られるラウリルアルコールに、水性成分であるPOEを反応させて作られる非イオン界面活性剤です。

浸透力が高く、酸やアルカリ等加水分解に対しての、影響を受けにくい安定な界面活性剤です。

湿潤剤、乳化剤、洗浄剤、などに広く使用されます。

米白さん米白さん

POE(7)ラウリルエーテルも、乳化剤ですね!

皮膚に低刺激性というのが安心です。

ライスフォース 美容液の成分⑯軽質流動イソパラフィンとは?

ライスフォース 美容液の成分の成分⑯軽質流動イソパラフィンとは?

軽質流動イソパラフィンとは・・・

化粧品成分表示名称では、別名水添ポリイソブテンです。

適度の揮発性を持つ油性基剤です。

揮発性とは液体の蒸発しやすい性質で、潤滑剤やメンテナンス用に用いられます。

製品につやや密着感、しっとり感を与えます。

またエモリエント剤(皮膚表面をおおって皮膚からの水分の蒸発を防ぐ)として使用されています。

感触改良に関しては、スクワランととても似た感触です。

伸びがよく、ベタつきの少ない軽い質感のため、他のオイルと併用してクリームなどの感触改良に使用されます。

米白さん米白さん

水添ポリイソブテンと書かれた成分が、軽質流動イソパラフィンなんですねぇ!
化粧品成分表示名称と医薬部外品表示名称があるんですね。

ライスフォース 美容液の成分⑰ヒアルロン酸Na-2とは?

ライスフォース美容液の成分⑰ヒアルロン酸Na2とは?ヒアルロン酸Na2とは・・・

ヒアルロン酸ナトリウムで、ライスフォース化粧水(ディープモイスチャーローション)にも含まれています。

ヒアルロン酸は、真皮(しんぴ)の主要構成要素であるコラーゲンとエラスチンの隙間を埋め支えていて、クッションのような重要な働きをしています。

水分を大量に保持することで、皮膚に弾力性と柔軟性を与えています。

これによって、皮表柔軟化され保護膜形成による保湿作用が高められるのです。

(真皮とは、表皮と皮下組織の間のことを言います。)

ヒアルロン酸Naの保水性は即効性があり、さらに保護膜を形成するため、しっとりとなめらかな質感を与えます!

米白さん米白さん

ヒアルロン酸は、コラーゲンをサポートしているのですね!

保湿作用が高められます!

ライスフォース 美容液の成分⑱グリチルリチン酸2Kとは?

:ライスフォース 美容液の成分の成分⑱グリチルリチン酸2Kとは?

グリチルリチン酸2K(カリウム)とは・・・

ライスフォースのクリーム(ディープモイスチュアクリーム)・化粧水(ディープモイスチャーローション)にも含まれています。

マメ科植物カンゾウの根茎から抽出して得られるグリチルリチン酸に、カリウムを結合した水溶性のグリチルリチン酸誘導体です。

食品添加物や肝疾患用剤、アレルギー用薬、漢方薬などとして国内外で幅広く使用されています。

抗アレルギー作用・抗炎症作用・刺激緩和作用・バリア機能改善作用等の目的で、スキンケア化粧品に用いられています。

米白さん米白さん

グリチルリチン酸2Kとは甘草で、漢字は違いますが肝臓の薬にも使われているのですね!

スキンケアに関しては、お肌のトラブルに効果があるようです♪

ライスフォース 美容液の成分⑲POEステアリルエーテルとは?

POEステアリルエーテルとは・・・

ポリオキシプロピレンステアリルエーテルは、乳化剤(界面活性剤)です。

乳化とは、水と油のような混じり合わない二つの成分を均等にすることです。

安全性の高いセタノールとステアリルアルコールで構成されていて、皮膚刺激性がほとんどない安全な成分です。

 

米白さん米白さん

ライスフォースは安全な成分によって自信をもった製品なんですね!

ライスフォース 美容液の成分⑳カミツレ油-2とは?

ライスフォース 美容液の成分の成分⑳カミツレ油-2とは?

カミツレ油-2とは・・・

化粧水(ディープモイスチャーローション)にも含まれています。

カミツレは和名ですが、別名カモミールやカモマイルと言って親しまれているハーブですね。

カミツレ油とは、カモミールのエッセンシャルオイルです。

カミツレのエキスは、美白作用があることでもよく知られ、このエキスはお顔のシミ・ソバカスを予防します♪

米白さん米白さん

カモミールの和名が「カミツレ」というのですね!

神経を落ち着かせるハーブとしても有名です。

ライスフォース 美容液の成分㉑EDTA-2Naとは?

EDTA-2Naとは・・・

EDTAのナトリウム塩は、透明系製品の不透明化(濁り)や洗浄能の低下を防止する目的で配合されます。

安全性は、皮膚刺激性・眼刺激性・皮膚感作性の10年実績では、ほとんどなしという安心な成分です。

安定化成分のカテゴリに属します。

安定化成分とは、使い始めから使い終わるまで品質を保持しなければなりませんので、様々な原因による品質の劣化防止を行い最後まで安全に安心して使用できるために配合される成分です。

 

米白さん米白さん

エデト酸二ナトリウムは、化粧品の劣化を防いて品質を保つ、安定化成分なんですね!

ライスフォース 美容液の成分㉒メチルパラベンとは?

ライスフォース 美容液の成分の成分㉒メチルパラベンとは?

メチルパラベンとは・・・

正式名称は、パラオキシ安息香酸メチルで、化粧品成分などの防腐剤として幅広く使用されています。

ライスフォースのクリーム(ディープモイスチュアクリーム)、化粧水(ディープモイスチャーローション)にも含まれています。

防腐剤と聞くとあまり良くないという認識が未だにされています。

パラベンフリーという言葉があるくらいです。

しかし化粧品は、多くの栄養成分が豊富な美容成分が入っているので、3日とかからず腐敗してしまいます。

それを防ぎ安全に最後まで使用するためには、防腐剤が必要となります。

パラベンフリーと広告している場合は、別の防腐剤を利用されています。

それがパラベンより安全かどうかは、わかりません。

パラベンは食品にも使用される防腐剤で安全な物質です。

米白さん米白さん

防腐剤は、品質を保つためには必要不可欠な物質なんですね。

ライスフォース 美容液の成分まとめ

:ライスフォース 美容液の成分まとめ

ライスフォースの薬用保湿美容液(ディープモイスチュアエッセンス)の成分をまとめましょう。

主成分:ライスパワーNo.11

保湿:シクロペンタシロキサン・ジメチコン・濃グリセリン

BG・植物性スクワラン・グリセリンモノステアリルエーテル

防腐:BG・DPG・EDTA-2Na・メチルパラベン

乳化剤(界面活性剤):グリセリンモノステアリルエーテ・POE(7)ラウリルエーテル・POEステアリルエーテル・ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド・セスキステアリン酸メチルグルコシド

感触改良:POE・ジメチコン共重合体・オクタン酸セチル

エモリエント作用(皮膚に潤いと柔軟性、栄養分を保たせる効果):植物性スクワラン・BG・ヒアルロン酸Na-2・軽質流動イソパラフィン

油剤:オクタン酸セチル・軽質流動イソパラフィン・カミツレ油-2・シクロペンタシロキサン・ジメチコン

 

:ライスフォース 美容液の成分まとめ

ライスフォースは、無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用、弱酸性なので自信をもってスキンケアにオススメできるコスメです♪

米白さん米白さん

成分をひとつひとつ調べてみましたが、危険性のあるものは、ひとつもありませんでした!

安心してお米パワーの凄い潤いキープを実践してください♪